肛門嚢腺癌 術後2ヶ月半。体調が安定してきた

ここ1ヶ月ほど、じろの体調はすごく安定しています。

前は寝てる時間が多かったり、散歩にあまり行きたくなさそうだったのに、今は散歩も楽しみそうだし、自分から窓に偵察に行ったり、ぬいぐるみを持って走り回ってはしゃいだりするようになってきました。

じろソックを終えて満足そう
赤線=体調の波

投薬開始から2週目に下痢や嘔吐が始まって、下痢がマシになってきたと思ったら原因不明の炎症でまる一日寝ている日もありました。おそらく胃腸が弱っている時になんらかの感染症にかかってしまったのでは・・・というのがお医者さんの意見。

「NSAIDsでも胃腸障害が起きることがあるので、NSAIDsを止めてみて、ステロイドを投薬して様子をみてみよう」ということになりました。

NSAIDsのプレビコックスは痛みが軽い場合に鎮痛剤として用いられる薬らしいけど、腎障害や胃粘膜障害などの副作用もまれに起こるらしいです。あとじろの場合は、非ステロイド性消炎鎮痛剤を飲む場合服用する潰瘍に対する治療薬のサイトテックも合わなかったみたい。

ぬいぐるみをいじめるじろ

NSAIDsがハッキリした原因とは分からないけど、炎症が治まると急にめきめきと元気になってきました。じろの体調が良くなった前後に思い当たることはこんな感じです。

もちろん獣医さんに相談した上で減薬など行っています。

  • パラディアの胃腸に対する副作用を軽減する胃腸薬を増やしてもらった
    (胃粘膜保護剤のスクラルファート、チオスター10がじろには合っていたみたい)
  • NSAIDs(プレビコックス57)と、それ用の胃腸薬(サイトテック110)の服薬を止めた
  • ステロイドの投薬を始めた
  • ちょっと調子が悪いな、という時はパラディアを2,3日抜いてもよいとのことだったので、調子が悪い時は抜いた
  • 胃腸の調子を整えると言われる食べ物に気をつけた

食べ物でいいんじゃないかな・・・と思うのがこちら。K9ナチュラルさんのグリーントライプ。

なんだかこれを食べてから便の状態が安定してきたような気がします。

ただし食べ過ぎると血便が出た、みたいな口コミを見つけたこともあるので、ほんとのほんとに少量を水でふやかして2日に1回くらいご飯にトッピングしてます。

あと、生乳ヨーグルトとりんごをすりおろしたもの、近所の犬友のごんちゃんの飼い主さんが作ってくれたわんこ用甘酒を少し入れたものとかも良い気がします。

ただやっぱりじろは長年歯磨きをしてこなかった(うちのばぁばとじぃじが犬に歯磨きが必要だと知らなかった)、私がお世話係になってから歯磨きを頑張ってきたけど歯がボロボロで、分子標的薬の影響もあって歯茎が腫れたりしてきて可愛そうです。今は抗生物質で落ち着いてきたけど、いつまで持つか。

癌なので歯の手術をするのは避けたいと先生も仰ってて、抗生物質で様子見ながら毎食後歯磨きしてなんとか長持ちさせたいです。

このままの体調が続いてくれますように・・・!

ということで2ヶ月半目の報告でした。

コメントを残す