肛門に腫瘍ができた話(4)術後1日目

じろの肛門にしこりをみつけてから約10日。

夜7時から手術が始まり、夜中近くまでかかってやっと終わりました。
先生ほんとにお疲れさまです。

翌昼頃迎えに行く予定だったんだけど、朝先生から「昨晩からずっと吠えて、ご飯もあまり食べないので家でゆっくりした方がいいかもしれない」と連絡があり、急いで迎えに行きました。

さすが甘えん坊のじろ。。。

電話で聞いてた通り、難しい手術だったけど、直腸への癒着もなく会陰ヘルニアもなく、肛門活用筋の損傷もなく、無事に摘出できたとのことでした。

摘出した腫瘍を見せてもらうと、子供の拳くらいあってびっくりしました。写真撮りたかったけど言い出せなかった。

取り出した腫瘍

ここから組織検査の結果を待ち、抜糸までエリザベスカラーを着けて過ごすことに。事前に用意していた術後服は、お尻が開いておりじろが舐めてしまう可能性があるのと、便で汚れると清潔に保ちにくいため使わないことにしました。

用意してた術後服。手術前に試着した時の様子

ご飯は普段食べているもので大丈夫だけど、数日は便秘をするかも。あまり心配しなくていいけど、絶対に傷だけは舐めたり触ったりさせないように。お尻が汚れたら水で洗って清潔にするように言われました。

さてじろとご対面。

フラフラかなと思ったら、結構平気な感じで部屋に入ってくるじろ。家についても全然しんどそうではなく、エリザベスカラーをつけてうろうろしたり、ベッドを掘り返したり。

あんたすごいな。

術後1日目のじろ
術後1日目のじろ

約2日あまり食べていなかったので、用意していた鳥とお野菜の柔らか煮を出すとバクバクと3杯も食べて、飼い主が撫でている間にやっぱり疲れてたのか眠ってしまいました。

疲れて眠るじろ

お尻が結構ゆるくなっていて、飼い主の服やベッドにうんちが結構ついてしまいました。お尻の汚れは、ぬるま湯をたっぷり浸したガーゼで軽くトントントン、と拭き取るのを何度か繰り返すと綺麗に取れました。

水に浸したガーゼで便を綺麗にした

夜中も何度かトイレに行ったり便を漏らしたりしていたので、その都度起きてお尻をクリーニングしました。

寝不足が続くけどがんばります!

続く・・・

コメントを残す