肛門嚢腺癌 術後3週間が経ちました

手術が終わってもびっくりするぐらい普段と変わりなかったじろも、術後3週間で少しだけ体調が悪化してきました。

どんな薬を飲んでるの?

最初の3日間は、様子見

最初の3日間は様子をみるために、非ステロイド性の抗炎症鎮痛薬を胃腸薬と共に飲ませました。

  • プレビコックス57の半分
    (非ステロイド性抗炎症鎮痛薬・変形性関節症に伴う炎症の緩和)
  • サイトテック110の半分
    (胃腸薬・非ステロイド系消炎鎮痛薬に対する副作用予防)

3日以降、分子標的薬を開始

最初だけ少し眠そうにしてたけど、ほぼ体調に変わりがなかったため、3日以降は分子標的薬のパラディア15を開始。

分子標的薬は従来の抗癌剤と違い、直接細胞を攻撃せず、がん細胞が増殖に必要な物質の取り込みを阻止する薬のため、副作用が軽いと言われています。ただ、まだ新しい薬剤のため有効性には個体差が比較的強く、分からない部分も多いのが難点。

パラディアを隔日、プレビコックスをパラディアを飲まない日に飲ませるとのこと。胃腸薬は毎日。

  • パラディア15
    (トセラニブリン酸塩を含有する分子標的薬)
  • プレビコックス57の半分
  • サイトテック110の半分
プレビコックスとパラディア

じろの場合、2週間目くらいまではうんちも健康そうでご飯もいっぱい食べ、吐いたりもなくほとんど普段と様子が変わりませんでした。

ところが2週目の終わり頃、少しうんちが普段より硬めだな、と感じるようになり、急に口が臭くなり草を欲しがるようになりました。

そこで先生と相談して胃腸薬を増やしていただくことに。

胃が荒れてきたので、胃腸薬を3種類に

  • パラディア15(分子標的薬)
  • プレビコックス57の半分(非ステロイド性抗炎症鎮痛薬)
  • サイトテック110の半分(胃腸薬)
  • チオスター10(胃腸薬・胃酸分泌を抑え、胃潰瘍などを治療)
  • アルサルミン(胃粘膜保護)

胃腸薬を増やした途端、口がものすごく臭くなり、おならをするようになり、次の日には下痢、2日目には血の混じった下痢をしました。

先生に相談すると、胃腸薬を飲む前に荒れていた胃粘膜が下りてきているとのこと。下痢止めをいただき、一番ひどかった1日だけ飲ませました。

写真の右2つが下痢止め。

パラディア、プレビコックス、胃腸薬など

下痢止めを飲ませた次の日は便秘をし、2日目には下痢が収まり柔らかめのうんちに変わったので、それからは下痢止めをやめて胃腸薬3種とパラディア、プレビコックスに戻りました。

体調とうんちの状態をグラフ化してみるとこんな感じ。
2週間末まで結構良い調子で、突然下痢。胃腸薬を増やしてうんちの状態は戻ったものの、体調が戻るにはもう少しかかるかな、というところです。

分子標的薬を始めてからの体調
ちょっとだるそうなじろ

ちょっと心なしか、鼻の色素が薄くなり、髪の毛の色も薄くなってきたような気もします。

先生によれば、色素が薄くなってきた方が分子標的薬が効いてる場合が多いのでそんなに悲観しないようにとのことでした。分子標的薬さん頑張って!

じろもご飯も食べてくれるし、早朝と夕方の散歩はちゃんと歩けるし(ゆっくりだけど)、ワンちゃんを見かけると寄って行くので、楽しいことをさせつつ頑張って闘病しようと思います。

コメントを残す