沖縄ハピ猫会さんのウェブサイトを作りました

こんにちは!じろです。

ボクのニンゲンが、沖縄ハピ猫会さんのウェブサイトをボランティアで作りました。

沖縄ハピ猫会さんウェブサイト
沖縄ハピ猫会さんウェブサイト

ハピ猫会さんと知り合ったきっかけ

きっかけは、Twitterで沖縄の猫虐待についての記事を読んだこと。
少し調べて見ると2019年沖縄タイムスの記事にいきつき、沖縄のとある団体がパトロールなどをしていることを知りました。

ところがググってみてもその団体さんのウェブサイトが出てこず、どこに寄付をしていいかわかりません。そこでFacebookのグループに直接聞いてみることに。するとすぐに連絡がありました。

ウェブサイトについて聞いてみると「途中までウェブサイトを作ったのですが、人手が足らずに完成できていない」とのこと。

それなら協力したいと思いましたが、ちょっと考えてFacebookの投稿を全部遡って読んでみました。というのも、以前ある団体さんに寄付をしていて、後に問題があったと知りもっとよく調べてから保護団体のお手伝いをすべきだと思い直したからです。

信用できる団体さんのよう

Facebookから知り得た限りでは、以下のことが分かりました。

  • 個人で10年以上猫の保護活動を行ってきた
  • 2018年から本格的にFacebookグループを作り、積極的に活動
  • 少人数で頑張っている
  • 沖縄の猫虐待防止パトロールを行い、虐待の根絶を目指す
  • 全て保護したいが限界があるため主にTNR活動を行っている

もちろんこれで団体の全てが分かったわけじゃないけど。
そこで「無償でいいのでウェブサイト制作に協力したい」と申し出るととても喜んでいただきました。

いろいろお話するうちに猫の幸せを考えてらっしゃる信用できそうな団体さんだなと改めて感じました。あと、少ない額ですが寄付することが出来ました。

小さな団体がウェブサイトを持つためには

ウェブサイトには、ドメイン登録維持費、サーバー設置維持費、あとはウェブサイト制作費などがかかります。

なるべく予算をかけない場合は、広告が表示されてしまったり利用制限がある代わりに無料で提供されいてるブログや、ホームページ制作ツールなどがあります。詳しくはまた別の記事で書きますね。

という訳でハピ猫会さんの場合は、一度使ったことがあるという無料のWixを選びました。

ウェブサイトづくりで気をつけたこと

ウェブサイトを訪れた方が「どういう活動を行っている団体か」「お手伝いや寄付をしたい場合どうすればいいか」「里親になる場合どうすればいいか」がすぐ分かるように気をつけました。

真面目に活動を行っているんだよ、という事が伝わるように団体発足のきっかけや活動内容などをなるべく写真入りで掲載しました。

ウェブサイトの他に、Facebookを運営されていますのでもしよかったら覗いてみてください。

コメントを残す